【306号】ドラレコ付き自動車保険を考察

今回、はじめて自動車保険(ドラレコ特約)について比較!
ドラレコ特約は、月額850円の保険料で加入(特約)することが可能です。
ドラレコ本体は3万円程度するので躊躇するかもしれませんね・・・
ドラレコ特約は毎月レンタル料が発生するため4年程度で費用の負担は逆転します!
目先で見るとドラレコ特約のほうが割安ですが
長期的利用するならドラレコ購入をオススメします!
無駄な保険料をかけるよりも、
ネット型損保で保険料を押さえ「ドラレコ」を自分で購入しましょう。
保険代理店は、保険会社からノルマをかけられ、
出来ない人には報酬を下げるので、必死で代理店はドラレコ特約を推奨してきます。
それでも、損害保険代理店であってもドラレコ特約を一切推奨しません。
なので、保険会社と対立しちゃうんですけれど(涙)
いくら保険会社が売りたい保険でも納得できないものは販売できません。
理由は後記しますが私はドラレコ特約の加入に賛成できません!

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

ドライブレコーダー付きの自動車保険を比較する際には、
いくつかのデメリットがあります。
2024年3月現在、ドラレコ特約を提供している保険会社は4社あります。

主な保険会社としては、
東京海上日動、損保ジャパン、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保です。
ドライブレコーダー付き自動車保険にはデメリットがあります。
どれも軽視できません!!!

 

1.保険料が追加で年間9,000円ほどかかる

2.ライブレコーダーの機種を自由に選べない

3.走行データが保険会社に常に共有される

4.保険会社が限定される

5.解約時はドラレコ本体を返却する

https://hoken-campaign.jp/drive-recorder/ より抜粋

無いよりあったほうがイイのですが、、、ドラレコ特約ではない!

 

自動車を運転していればいつ事故やトラブルに巻き込まれるか分かりません。
2017年に起きた東名高速道路での「あおり運転」による事故から、
運転手の交通トラブルへの対処意識が高まり車へのドライブレコーダー搭載が広まっています。
現在も「あおり運転」のトラブルに関するニュースを耳にすることが増え、
ドライブレコーダーの購入を検討している人も多くいるのではないでしょうか。
自動車保険のドライブレコーダー貸出付の「ドライブレコーダー特約」のサービスについても確認しておきましょう。

https://www.insweb.co.jp/car/kisochishiki/kiso/driverecorder-tokuyaku.html

インスウエブより抜粋

 

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

●現在、ドライブレコーダー特約を提供している
保険会社4社の特徴と保険料を比較してみました。

ただし、これは個人の見解です!あしからず(笑)

◉東京海上日動:
ドライブレコーダー特約名: ドライブエージェントパーソナル
保険料(月額): 650円(前方1カメラ型)、850円(2カメラ一体型)
特徴: 前方のみ撮影、自動通報、安全運転支援、レポート

◉損保ジャパン:
ドライブレコーダー特約名: Driving! 保険料(月額): 850円
特徴: 前方撮影、自動通報、安全運転支援、レポート、
運転特性割引、事故現場かけつけサービス

◉三井住友海上:
ドライブレコーダー特約名: GK見守るクルマの保険 保険料(月額): 850円
特徴: 全方位撮影、駐車時監視、自動通報、安全運転支援、レポート

◉あいおいニッセイ同和損保:
ドライブレコーダー特約名: タフ・見守るクルマの保険プラス 保険料(月額): 850円
特徴: 前方撮影、自動通報、安全運転支援、レポート、運転特性割引

 

これらの保険会社はすべて代理店型保険会社で、
通販型に比べて保険料が高くなる傾向です。
10年間を考えたら、約10万円もかかるんですよ。
保険会社と、ドラレコメーカーの忖度が見え隠れしています。

4社中、4社のドラレコ値段が同じだなんて
・・・とってもオカシイです。

保険会社で、裏協定しているとしか考えられません。
ドラレコ特約を売りにしているだけなので・・・
個人的には「ネット損保」に加入して保険料を削減した分で
高級で上質,簡単なドラレコを自分で購入したほうが節約になります。

ネット型保険会社では年間保険料が安い場合が多いので、
長期的に使用する場合はドラレコを単体で購入する方が経済的にお得です。

裏話ですが、ドラレコ付きの自動車保険のノルマに関して
保険代理店ごとに販売目標(ノルマ)を設定されています。
具体的なノルマ数値や条件は公開されていないことが多いんですが・・・

私のように異端児でへそ曲がりの人間は保険会社の押し付けに「はい」とは言わない。
“成らぬことは成らぬ”だから保険会社からの
販売目標をクリアしない時、代理店報酬が下げられるんです。
お客様の事を第一を考えると保険代理店は継続できない仕組みになっています。
保険の代理店を卒業しているので、「本音」でいろいろかけるんです(笑)

さて、唯一のメリット・・・
それは
万一の事故のときにドラレコ映像があれば過失相殺にも影響します。
ドラレコは、自分を守るうえで必須です。
身を守るために自動車保険の見直しも推奨します!
どこの保険会社がイイのか?迷った方は☎か
ください。

 

 

関連記事

  1. 【298号】パソコンが故障中

  2. 【7月のコラム】スイスフラン

  3. 【5月】引き籠り術を考察

  4. 【2月のコラム】種子法廃止?!

  5. 【296号】10.9%UPの火災保険を考察

  6. 【10月のコラム】消費税を考察する

  7. 年末のご挨拶

  8. 新年のご挨拶

RECENT ARTICLES

  1. ニュース

    【306号】ドラレコ付き自動車保険を考察
  2. 会員限定

    【306号】今月のコラム
  3. ニュース

    【305号】30年前のデータと2024年を考察
  4. 会員限定

    【305号】今月のコラム

ARCHIVES