【286号】1個390円?超円安を考察

 ビックマック指数によれば、日本は貧困国のようだ。でも安くていい(笑)

 

日本のビックマック指数は、世界の中で32位(2020年)ビッグマックは、1個の価格は約390円。
ウクライナ戦争の影響で電気もガスも値上がり。さらに24年ぶりの円安で、実質賃金もマイナスだ(涙)

スイスのビッグマックは、1個の価格は6.5フラン、日本円で約793円。
物価が世界一高いといわれているスイス。

ビックマック指数だけ見ると非常に高額に見えますがスイスの平均月収は約52万円とされており、最低賃金もおよそ2550円だそうです(笑)

「円キャリートレード」が活発のようです。

この金利差を利用してアメリカの機関投資家が低利で融資を受けて円を買い、
その資金をもって「米国」で株や債券を購入しているみたい。

更にウクライナ侵攻によって、円・スイスフラン・金などの安全資産に信じられないお金が流れています。安全資産と言われている「金」はますます上がります。

またスイスフランは1ユーロ=0.99スイスフランまで下落して、スイスフラン高を記録しています。さらにスイスフランは高値を付けるかもしれませんが・・・

悪い予感がします。また2015年に起きた「スイスフランショック」が起きそうだ(涙)

あまりにも急激な円安!!!
次のスイスフラン・ショック?!

 

過去、なんども住信SBIネット銀行にて「スイスフラン」の定期買付を推奨してきました。
購入されている方も、設定が上手くいかずに購入できない方もいるようですが…(笑) 円だけだとリスク分散ができません。

なので、急激な円安に連動した「スイスフラン」も半分だけでも利益確定をしてほしいんです。
1スイス/CHFが150円を超えたら、すぐに50%の売却を。
私も、半分売却します!

なお、これから定期積立を実行する予定の方に“次のスイスフラン・ショック”が起きてから…STARTしましょう。

今は高いので、忍耐です(涙)

 

2015年と同じことが起きる予感
スイスフラン・ショック後のために準備!

住信SBIネット銀行で口座を開設をおススメします!iPhoneiPadなどがあれば、アプリで超簡単に管理できるんですよ(笑)

2015/1/15「資金的に介入のコストを国として負担できる状況を超えた為、永続介入を止める」とスイス中銀が突然発表。
結果、ユーロ/スイスフランは暴落。

暴落が始まってからたった20分間で、ユーロスイスは41%暴落する最悪のことが起きたんです。
夢や幻ではなく、現実です(笑)

関連記事

  1. 【7月のコラム】スイスフラン

  2. 新年のご挨拶

  3. 【289号】家計簿アプリを考察

  4. 【276号】生前贈与110万円も廃止?

  5. 【2月のコラム】郵貯を考察

  6. 【275号】恒大ショックを考察

  7. 年末のご挨拶

  8. 【259号】20年前の本を考察する

RECENT ARTICLES

  1. ニュース

    【302号】“緊急速報アラーム”を考察
  2. 会員限定

    【302号】今月のコラム
  3. ニュース

    新年のご挨拶
  4. 会員限定

    【301号】今月のコラム

ARCHIVES