【280号】初トライ!ネオモバ証券を考察

▼ある女性が初投資!私も同じ証券会社を開設

 

あるクライアント(相談者)が・・・新規で自力で証券口座を開設!スゴイです。

なので、独立系のファイナンシャルプランナー(FP)として、相談を受けるにあたり・・・私もネオモバ証券を開設しました。やることは、とっても簡単でした。「ネオモバイル証券」を始める方法を解説します。とっても簡単。私は、4つ目の証券会社です(笑)

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

たった3ステップ!

 

忙しい方にピッタリ!ほったらかし運用法なんです。

 

次の3ステップだけで、完了です(笑)

①ネオモバイル証券の公式サイトにアクセスし、基本情報を入力

②初期設定の情報を順番に入力する

③送られてきたパスワードで再度ログインし、株を選択して投資をスタート

↓↓↓

ネオモバ証券
https://tpcm.jp/neo21/af6e5ec2113e4b6883e62df74d2ac0f4

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

500円で本当に株が買えるの?

 

●本当です。まずは、Tポイントカードを準備して!

 

【ネオモバでTカードを登録する方法】

ネオモバでTポイントを使うためには、Tカードを登録して連動させる必要があります。

Tカード登録手順を紹介します。

またYahoo!JAPAN IDが必要となります。
持っていない場合は作成してから始めましょう。

 

私はポイントカードを保有したくないためMOBILE(モバイル専用)Tポイント」を登録しました。

Tポイント登録番号は、専用アプリで登録できました。

とっても簡単です!ネオモバイル限定のTポイントがもらえます(嬉)

 

ただし1点注意してください。FX口座の開設およびネオWの利用は一切しないように!!!

 

「投資家」への一歩を踏み出すきっかけになる意味で、「Tポイント投資」には測りしれない価値があると私は考えています。

ただし、やみくもに資産を投げ入れると「超危険」です。

株式投資の初心者にはぴったりです。

なお専属のアドバイザーがいないので慎重に行動しましょう。

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

●Tポイント投資のメリット!

 

Tポイント投資の3つの特徴

ネオモバの特徴を記します。

①国内株を購入できる。

②Tポイントを使って国内株を購入できる。
株を保有することになるので配当金や株主優待をもらうこともできる。

③毎月200ポイントがもらえる。
ポイントは期間固定Tポイントのため、ネオモバ以外では使うことができませんが(笑)

 

50万円以下の取引手数料220円(税込)は、実質期間固定ポイントと相殺が可能。

取引金額が50万円以下の場合は月額使用料220(税込)が必要になります。

ただし毎月もらえる固定Tポイント200ポイントと相殺することができるので、
実質
20円で利用することができるんです。

はじめての方には、最高です!

ただし、毎月定期買付のみですよ!!!

 

投資で得た売買利益に20.315%の税金が課せられます。

「自分で確定申告を行うのは難しい」という場合は、
口座を開設するときに「特定口座(源泉徴収あり)」を選択していれば自分で確定申告を行う必要はありません。

証券会社が税の徴収をしてくれるので、
「投資を始めたばかりで税の手続きがよく分からない」という人は、
何も考えず「特定口座(源泉徴収あり)」で口座を開設しましょう。

上記の資産運用には、個人的に関心を持っていません。

失敗してからの相談は一切お受けできません。

個別株式を、売買手数料がほとんどかからずに、毎月積み立てることができるのは「ネオモバ証券」です。

 

 

私が推奨しない金融商品!

・ロアドバ●ザー投資Wealthavi

IPO●資(公開前の株式)

・投●信託(信じて託す)

・先物●引、FX投●

・ネオ●W

EB債●投資

・信用株●投資

・仮想●貨(ビッ●コイン) 

iDCo(イ●コ)

NIA(ニ●サ)

・ふるさ●納税

 

 

関連記事

  1. 【11月のコラム】 未曽有の災害

  2. 【7月のコラム】358の法則!

  3. 【296号】10.9%UPの火災保険を考察

  4. 【295号】新紙幣発行を考察

  5. 年末のご挨拶

  6. 【290号】2024年からの新N●SAを考察

  7. 【259号】20年前の本を考察する

  8. 【5月のコラム】2020年

RECENT ARTICLES

  1. ニュース

    【302号】“緊急速報アラーム”を考察
  2. 会員限定

    【302号】今月のコラム
  3. ニュース

    新年のご挨拶
  4. 会員限定

    【301号】今月のコラム

ARCHIVES