【281号】過去何度も取り上げたインフレを再考察

▼米国のインフレ、前年同月比で「8.5%」上昇!約40年ぶり

 

米労働省が12日発表した3月の消費者物価指数は前年同月に比べて8・5%上がった。上昇率は前月からさらに拡大し、第2次石油危機後の1981年12月(8・9%)以来、40年3カ月ぶりの大きさとなった。ロシアのウクライナ侵攻に伴う経済制裁を背景に、ガソリン価格などが高騰したことが影響した。
(2022/04/12 21:41 信濃毎日新聞社デジタル版より抜粋)

アメリカのインフレが止まらない。アメリカで発表された2月消費者物価指数(CPI)は前年同月比で8.5%も上昇。1982年1月以来、40年ぶりの高い水準。8%を超えるインフレ率が、1970年代と1980年代前半だけだったことを見ると、今回のインフレがどれだけ異常事態なのかがわかる。どこまで上昇するの?

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

リンゴ1個が300万円?!

 

まずは、冷静に対策をとりましょう

 

現実にハイパーインフレの有名な事例があります。
第一次世界大戦(
1914〜18)敗戦後のドイツです。
5年間で物価が1兆倍になったと言われています。
日本でも過去に!

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

インフレで、あがらないもの?!

 

ただし、インフレ禍で、ひとつだけ上がらないものがある・・・それは

 

それは・・・給料だ!

 

リンゴが1個300万円にはならないけれど

万一に備え、インフレ対策の準備はしておきたいと思う。

お金だけを蓄財していても全く意味をなさない!

 

竹内秀一が考える9つのインフレ対策

1)今から、給料以外の収入を準備する(複数の収入)

2)正直な農家さんの手伝い(労働と農作物の物々交換)

3)インフレが転嫁できる企業への株式投資&外貨準備

4)米国連動国債を毎月購入 

5)中古マンション運用 

6)井戸水を確保 

7)家庭版インフラ整備&蓄電などの準備

8)本当の情報を持つ人とランチ 

9)夫婦仲良く

関連記事

  1. 【11月のコラム】 ピカソ?

  2. 【7月のコラム】コロナバブルを考察!

  3. 【1月のコラム】2016年あけましておめでとうございます。

  4. 年末のご挨拶

  5. 【275号】恒大ショックを考察

  6. 新年のご挨拶

  7. 新年のご挨拶

  8. 【12月のコラム】新たなる発見!住宅ローン

RECENT ARTICLES

  1. ニュース

    【302号】“緊急速報アラーム”を考察
  2. 会員限定

    【302号】今月のコラム
  3. ニュース

    新年のご挨拶
  4. 会員限定

    【301号】今月のコラム

ARCHIVES