【1月のコラム】 家計簿を手放せ?!

家計簿を手放せ?!

ある出版社の編集長にこう質問されました。『日本でいちばん売れている本をご存知ですか?』わたしは、おそるおそる『聖書ですか』と答えました。

 

正解は

 

『毎年11月から自然に売れてしまう家計簿』

 

だそうです。

 

お金を貯めたり増やしたりするために何か実践されていることはありますか?この質問をお客さまにすると「家計簿をつけています!」と答える方がいます。しかし、残念ながら、こうお伝えしています・・・

 

「家計簿を付けていても蓄財は出来ませんよ!」と。

 

もちろん明確な目的があれば別です。しかし実際には家計簿をつけることで、お金ではなく「ストレス」を貯めているだけの人が多いのです。家計簿を付けることが「目的」になっている人が多いのです。

特に、ザセツしては、続かない自分を責め、また次の年に新しい家計簿を買う…という人を数多く目撃してきました。現実、わたしどものクライアント(相談者)の中で蓄財できている方は、ほぼ「家計簿」を持っていません。

 

そもそもお金は、貯めるものではなく望む人生のために「使用&運用」するものです。目先のお金の出入りをただ書き出していてもあまり効果は期待できません。

だからこそ、2018年から家計簿や家計簿アプリで管理することを手離し、1年に1回だけ家計簿バランスシートを、結婚記念月や誕生月に電話しながら把握するだけで資産が勝手に蓄財する方法を模索したいと考えています。

??

■家計簿バランスシート

毎年、アニバーサリー(記念日)に家計簿バランスシートを作成します。<例>結婚記念日、誕生日、ご夫婦の特別な記念日など。家計簿バランスシート作成に当たり、いくつかインタビューが必要となります。これを基に作成します。毎日記帳するような家計簿は不要です。収入支出の出入りを管理するだけでは資産は育ちません(笑)

?

●ところで、家計簿バランスシートって?

企業であれば決算書が義務付けられています。企業業績を判断するための情報です。情報である以上、その位置付けが曖昧だと、情報の中に埋もれてしまったり、あるいは情報の読み取り方を間違えてしまったりします。個人資産に関しても同じことが言えると考えます。個人資産(家計簿)には強制的な義務はありません。だからだれも管理する人はおりません(笑)。

 

皆さん各自で管理するのが当たり前です。当然ですよね。「自分でしなきゃ!」けれども時代が進み、複雑化する税制や金融商品の多様化によって、資産管理の専門家でないと管理していくことが出来にくい時代を迎えたのも事実です。

?

だから、優秀で信頼のできる公認会計士や税理士、独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の智慧と経験が重要だと考えています。1年に1回だけ家計簿決算書(バランスシート)を作成してみて下さい。ムダな努力をせずに幸せをグッ!と引き込む方法を身に着けてほしいと願っています。

●2018年より、お金の診察室?では「結婚記念月&お誕生月セッション」をお受けします。

 

テーマは、お金に関することであれば何でもOKです!お気軽にセッションをお受け下さい。(家計簿決算書の作成の仕方や最新の資産運用と税制等)資料は、正確な数字であればあるほど好ましいのですが、あまり神経質になる必要はありません。また表面に出したくない資産や財産は心の奥底にしまってください。パートナーといえども出したくない資産もきっとあるはずです。

目に見たいものだけでOKです。

 

顧問会員の方だけの「特別セッション」初めます。

顧問会員以外の方は、36,000円(60分間の電話セッションおよび家計簿バランスシート作成)税別です。
?TEL ?026(291)4341 お気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 【2月のコラム】株式投資の極意

  2. 【7月のコラム】スイスフラン

  3. 【5月】引き籠り術を考察

  4. 【259号】20年前の本を考察する

  5. 【10月のコラム】リーマンショック

  6. 【7月のコラム】コロナバブルを考察!

  7. 【260号】曜日効果を考察

  8. 【1月のコラム】 金が新年

RECENT ARTICLES

  1. 会員限定

    【271号】今月のコラム
  2. ニュース

    【271号】ジンバブエのインフレを考察
  3. 会員限定

    【270号】今月のコラム
  4. ニュース

    【270号】家庭科の授業を考察

ARCHIVES