【2月のコラム】株式投資の極意

辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、

未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)笑い、

亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずき、

寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる!

 

 

株式に投資している人なら、

一度は見たり聞いたりしたことのあるフレーズ(格言)

だと思います。

 

理由は、子年(鼠)は子供をたくさん生むことから繁栄の象徴とされ、子年は繁栄するつまり「上げ相場」になると言われているのです。2019年の亥(イノシシ)年「固まる」は子(ね)の繁栄に向けての足固めの年という意味を持っています。

 

 

 

実際に、「子年」の過去の統計は「辰年」につづき

上昇率は2番目に高いんです(笑)

 

ちなみに、2019年の日経平均は初値が19,561円。終値が23,656円と上昇。未来は誰にも予想できませんが、子年は良い傾向の年のようです。同じように上昇するとイイのですが・・・現実は、複数銘柄で一部の富裕層だけがハイパーバブル状態。株価を見ても明らかだ。

 

とくに、2008年の鼠年は騰落率▲39.7%も下落しています。100年に一度の最悪なリーマンショックがあった干支であったことをお忘れなく!

 

そして、2020年はお祭り騒ぎだ。格差バブルがはじけ飛んだ祭りの後に何が残るのか?結論、、、投●信託ではないことだけは確かだ。

 

何度も書くけれど、トランプゲームで例えると、いまの金融投資は「ババ抜き」でなく、「ジジ抜き」だ。だれがジョーカーを保有しているのか?さえも誰も分からない!

 

2020年ハッキリするでしょうねΣ( ̄ロ ̄lll)

 

次の株価推移をご覧あれ!すでにバブル。

投●信託…これは買うべからず。

 

最近は、メディアでは絶対に取り上げない

ある外貨…をお伝えしています。

 

すでにバブル…

これ以上、あがるかもしれないけれど…手を出すことを推奨することは絶対にないです。

 

30年で、損切をしたことのない人間が断言します。

 

関連記事

  1. 【263号】ハイマン法を考察

  2. 【7月のコラム】金銭感覚

  3. 【272号】5つの金力を考察

  4. 【9月のコラム】 ”ふざけるな”を考察する

  5. 【12月のコラム】FPが耳にした失敗談

  6. 【5月のコラム】コンドラチェフ波

  7. 【7月のコラム】コロナバブルを考察!

  8. 【2月のコラム】ムダな努力をせずに幸せをグッ!と引き込む方法

RECENT ARTICLES

  1. 会員限定

    【274号】今月のコラム
  2. ニュース

    【274号】31年ぶりの最高値を考察
  3. ニュース

    【273号】保険会社が薦めない保険を考察
  4. 会員限定

    【273号】今月のコラム

ARCHIVES