【1月のコラム】 金が新年

金のデメリットは2つ!板チョコのように分割できない。

もう一つは、自分の名前が書けない(笑)

2019年(猪)、猪突猛進で!!!

 

 

私たちを取り巻く厳しい経済情勢の中で、多種多様な投資手段の中から適切な商品を探し出し、選択し購入の決断をしていくことはなかなか難しいと思います。

 

相談先が信用できない等の理由で、躊躇しがちになってしまうのもやむをえないことと思います。

最近は

「だれにも相談できない!」

という相談が多く寄せられています。

沖縄や仙台をはじめ、東京や大阪からも、相談を頂いています。

ありがたいことです。

1に健康、2に健康、3と4も健康、5に健康♪です。

 

さてさて、2019年はいのしし年で、いのししは漢字で「亥」と書きます。毎年、年末年始の株式市場は干支の格言を少しだけ意識しましょう。

 

2019年の「亥」は株式相場の格言で「亥固まる」と言われています。

「固まる」は流れをさらにいいものにしていくという雰囲気になりそうです。

2020年は「ネズミ年」なので、きっと繁栄することは間違いないでしょう。

 

ところで、2019年は、一体どんな年になるんでしょう?

予想で書きたくないのですが実際に起きる事実だけ記せば…

まず4月には改元、5月のゴールデンウイークは10連休、7月にはいよいよ参院選、10月には消費税引き上げ実施

個人の予測ですが、消費税は上げはないと考えています。

だって2度の消費税延期だったので、2度あることは3度あるかもしれませんよ(笑)

 

良い年になることを祈るだけです。

 

手を出すべからず!それにしても南アフリカ共和国(笑)

 

?『年率40%』…

羨む気持ちも出るかもしれませんが興味があっても、なくても

 

“自分の財産は、自分で守る!”

 

というスタンスを変えることはありません。

ちなみに、私は「●●●●●●年率0.001%」に預けています。

また毎月「金貯蓄」を続けています。

金は人類が初めて発見した金属だと言われています。金には強力な浄化作用があると云われています。

 

とにもかくにも、、、現物が一番です!

 

●●が推奨する「にーさやいでこ」、金融機関が販売する「仕組債」「外貨建て生命保険」。あるいは被害総額1,000億円以上の「かぶちゃん農園」のような会員制の配当がでるオーナー制度への出資は、どんなことがあってもダメなんです。

 

まずは、財産を固める年にしていきましょう。

 

関連記事

  1. 【2月のコラム】 ジンクス?!

  2. 新年のご挨拶

  3. 年末のご挨拶

  4. 【4月のコラム】 AI(人工知能)

  5. 年末のご挨拶

  6. 【11月のコラム】 未曽有の災害

  7. 【12月のコラム】マイナンバーを考察

  8. 【7月のコラム】やっぱり有事の金

RECENT ARTICLES

  1. 会員限定

    【269号】今月のコラム(他言無用)会員限定
  2. ニュース

    【269号】ベーシックインカムを考察
  3. ニュース

    【268号】失敗しない家づくりを考察
  4. ニュース

    【267号】ビットコインを考察

ARCHIVES