【1月のコラム】ババ抜き?ジジ抜き?

だれがjokerを引くのか?

 

 

2016年、「まさか」が2回起こりました。

まず英国EU離脱。

そしてトランプ勝利。

2度あることは3度あるといいますが、次の「まさか」は何でしょう?

アメリカの平均株価も過去最高値を更新中。

さらに、アメリカも経験していないほどの格差バブル(笑)

 

世界中がババ抜きではなく、ジジ抜き?!

 

なので・・・だれがjokerを持たされているのか?さえも気づきません。

 

 

「申酉(さるとり)騒ぐ」干支(えと)にちなんだ株式相場の格言で申年と酉年は価の上下

が激しく、値動きが荒れた年になるという。

格言通りだと、申年の2016年に続き酉年の2017年も荒れ模様の相場となりそうです。

トランプ氏の就任式は1月20日。騒がしい酉年の初めとなるでしょう。

 

?日本のある調査によると、金融資産を保有している世帯の保有額は平均で1615万円となり、前年の1819万円から減少したそうです。

資産運用という名目で大切な資産をリスク(危険)にさらす必要は全くありません♪

 

 

関連記事

  1. 年末のご挨拶

  2. 【3月のコラム】 オリンピックを、お金の視点から考察!

  3. 【5月のコラム】令和元年を考察する

  4. 【9月のコラム】日本経済の諸問題!?

  5. 新年のご挨拶

  6. 【5月のコラム】2020年

  7. 【6月のコラム】住宅ローン借り換え応援プロジェクト

  8. 【271号】ジンバブエのインフレを考察

RECENT ARTICLES

  1. ニュース

    【283号】突撃!隣の生命保険料を考察
  2. 会員限定

    【283号】今月のコラム
  3. ニュース

    【282号】紅鮭、カニやイクラを我慢する?を考察…
  4. 会員限定

    【282号】今月のコラム

ARCHIVES