【10月のコラム】暦年贈与

暦年贈与

 

遂に出た!税務署お墨付きの暦年贈与の方法?!

 

みなさんは『暦年贈与』という言葉を聞いたことがありますか?

財産を贈与した場合には贈与税が課税されますが、一定額までの贈与については税金は不要です。その金額は『毎年110万円まで』です。この金額は、その年に贈与を受けなかったとしても翌年以後に繰り越すことはできません。相続税対策の基本は、財産を上の世代から下の世代対してローリスク、ローコストで計画的に移動させるということ。そのためにもっとも多くの方が実施されているのが、この基礎控除の範囲内で毎年繰り返し行う贈与方法です。

関連記事

  1. 【1月のコラム】 家計簿を手放せ?!

  2. 【11月のコラム】 消費税 10%UP?!

  3. 【7月のコラム】やっぱり有事の金

  4. 【4月のコラム】暴落を考察

  5. 【10月のコラム】消費税を考察する

  6. 【6月のコラム】かんぽ生命を考察

  7. 【12月のコラム】新たなる発見!住宅ローン

  8. 【259号】20年前の本を考察する

RECENT ARTICLES

  1. ニュース

    【273号】保険会社が薦めない保険を考察
  2. 会員限定

    【273号】今月のコラム
  3. ニュース

    【272号】5つの金力を考察
  4. 会員限定

    【271号】今月のコラム

ARCHIVES