【289号】家計簿アプリを考察

2023年、今年もが新年!

家計簿は付けるな!なぜなら…

家計簿アプリ、やっぱり1位は

マネーフォワードだった!!!

 

家計簿不要の最高のアプリ「マネーフォワード」を使います。

2012年12月に開始された新しい家計簿アプリで銀行や証券口座の一元管理や、
資産のグラフ表示、日々の入出金の記録など、家計管理機能は優れています。

情報の取得は地方銀行や信用金庫、
JAバンクなどの金融機関など幅広く対応しているのが特徴です。

ただし10口座連携以上だと費用がかかるので、
メインの銀行口座やクレカなどだけにすることをおススメです。

外出先での入力、確認も可能です!無料で便利です。

●情報漏洩の件、不安な方もいると思います。

そんな私も、以前まで家計簿アプリのセキュリティに対しては懐疑的(笑)

それでも、銀行通帳の記帳や、新しい通帳への記載だけのために、
銀行窓口に行くストレスを考えると…
「マネーフォワード」にしてからストレスフリーです。

更に、わたしは電磁波?静電気人間?
ゆえに、かなりの確率で「通帳の磁気テープ」が壊れます。

その都度、店頭に「通帳」の修正をしにいくんです。
本当に、ストレスなんです。

だからクレジットカード、
銀行口座を登録するだけでお金の出入りを簡単に確認できる家計簿アプリ
「マネーフォワードME」です。

ポイントやマイルの残高までもまとめて確認できます。
自分が持つ資産を一目でわかるようにできるアプリです。

毎日の支出なども自動で分類してくれるので、わざわざ入力する手間もありません。

また銀行の残高不足やクレジッドカードの次回引き落とし日などもアプリでお知らせあり。

こんな素敵なアプリですが、不安な方はやめてくださいね!

 

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.

 

今年も金をコツコツ。
私は26歳から毎月3,000円(いまでも)買っていま
す。
ただし、これから始めようとする方は
絶対に手を出さないでください。

高すぎますから…いまからは、おススメしません。

「ご本人の個人的見解であることをご了解の上で閲覧くださいね(笑)」

さてさて、金価格が連日のように史上最高値を更新中。

3つの約束!

三菱マテリアルの純金積み立て以外は実行しない。

2つ目は、配偶者にマテリアルから届くネックレスや指輪のパンフを見せない。

そして、最後に一番重要な事。

家族以外の人に「金貯蓄」をしていることは言わない事。
他言無用!にて。

最後が一番重要です。

2011年9月の1オンス(約31.1㌘)=1920.30ドルだったが、
7月28日には1980.57ドルをつけ、約9年
間破ることができなかった高値を更新。

日本人に馴染みの㌘単位の価格で見ると、1グラム=8000円台を付ける可能性もある。
2020/12/1時点では、1㌘6604円(涙)

2023年・・・1㌘が10,000円を超えたら、また半分売却だ!

関連記事

  1. 【293号】保険業界の変遷を考察?!

  2. 【3月のコラム】 iDeCo(イデコ)って?

  3. 【9月のコラム】日本経済の諸問題!?

  4. 【4月のコラム】暴落を考察

  5. 【288号】外貨建の生命保険を考察

  6. 【5月のコラム】コンドラチェフ波

  7. 【286号】1個390円?超円安を考察

  8. 年末のご挨拶

RECENT ARTICLES

  1. ニュース

    【302号】“緊急速報アラーム”を考察
  2. 会員限定

    【302号】今月のコラム
  3. ニュース

    新年のご挨拶
  4. 会員限定

    【301号】今月のコラム

ARCHIVES